歯ぐきから血が出る・歯ぐきが腫れる

歯ぐきのトラブル、放っておくと深刻化することも

「歯ぐきが腫れる」「歯みがきのときに出血する」こんな経験ありませんか?実は、それは静かに忍び寄る、歯周病のサインかもしれません。

歯周病は、歯垢の中に棲息する歯周病菌が原因の感染症。歯ぐきに炎症を起こし、最終的には歯を支える顎の骨まで溶かし、最悪の場合歯が抜け落ちてしまうことすらあります。さらにおそろしいのが、初期には症状がほとんどないこと。気がついた頃にはかなり進行段していることが多くあり、要注意のお口のトラブルなのです。そのため、日本人の成人のうち、約8割が歯周病になっている、もしくはその予備軍といわれ、歯を失う原因の第一位ともいわれています。

こんな症状は歯周病の疑いアリ!?~歯周病チェックリスト~

以上の項目にひとつでも当てはまれば、歯周病の疑いがあります。歯を失うリスクを少なくするために、該当する症状がありましたら早めに歯科医院を受診し、早期発見・早期治療に努めましょう。

歯周病の全身の健康への影響

最近の研究で、歯周病菌が深刻な全身疾患などの原因となっていることがわかっています。歯周病菌が、お口の中から血管に入り込み全身をめぐることで、さまざまな影響を及ぼすのです。

  • 心臓や血管に血栓を作り、心内膜に炎症を起こすことがある
  • 呼吸器へ間違って入り込に誤嚥性肺炎の原因になるとも指摘されている
  • 糖尿病との相関は深く、糖尿病患者は歯周病になりやすく、また逆のパターンも多くあると注意喚起されている
  • 妊婦であれば、歯周病菌が子宮を収縮させ、胎児の成長に影響を与えるため未熟児出産や早産の危険がある

よしだ・ファミリー・歯科の歯周病治療

歯周病の治療は、とにかく歯垢(プラーク)や歯石を取り除き、歯周病菌を増やさないことに尽きます。当院で行っている、歯周病治療をご紹介します。

スケーリング・ルートプレーニング

歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットにたまりやすい歯垢や歯石を徹底的に取り除くのがスケーリングです。ルートプレーニングは、歯石などを取り除いた歯の表面をツルツルにみがき上げ、歯石の再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬術

軽度歯周炎に用いられる外科的処置で、内側を目で確認できないため、技術を要する処置です。歯ぐきに麻酔を施し、歯周ポケットの中をきれいにします。

フラップ手術

歯ぐきを切開し、顎の骨から外して内側の歯根を掃除する手術です。露出した歯根にこびり付いた歯垢や歯石、感染した歯肉組織を除去します。歯周病が進行している場合に行います。

CTG(Connective Tissue Graft)

痩せて薄くなった歯肉や歯周組織へ、上顎から採取した結合組織を移植する方法です。歯根を覆う歯肉の厚さを増やすことができ、他の治療がしやすくなります。

再生療法(GTR、エムドゲイン)

感染した歯周組織を取り除いた後、歯周病菌に破壊された歯周組織を再生させる方法です。「メンブレン」という膜(GTR)や「エムドゲイン・ゲル」という薬剤で顎の骨が回復するスペースを確保します。メンブレンは歯周組織の回復とともに取り除く必要がありますが、エムドゲイン・ゲルは歯周組織に吸収されていきます。

レーザー治療

歯ブラシや従来の歯科治療器具では届かない部分へ、とても細いレーザー光を照射することでクリーニングする方法です。痛みが少ないのに、殺菌能力が強く、深く広範囲に使用できることが特徴です。

歯周病も未然に防ぎましょう

歯周病も虫歯と同じ感染症。歯垢や歯石を取り除き、お口の中での細菌の繁殖を防ぐことができれば、病気の予防ができます。しかしながら、毎日のセルフケアだけでは行き届かないのが現実です。

歯科医院でプロケアを受けることで、歯周病もしっかり予防できます。また、当院では、早期発見・早期治療で身体へのご負担、費用面でのご負担を軽減しています。当院の定期健診をぜひご利用いただき、歯周病予防にお役立てください。

ページの先頭へ戻る