痛みを抑えた治療を

患者様の「痛み」という負担を抑えた治療

歯科治療に「痛い」「怖い」といったイメージをお持ちではありませんか?当院では、患者様本位の治療をモットーとし、患者様のお気持ちをくみ取って、よりよい医療サービスをご提供するよう心がけています。現在の歯科医療において痛みをまったく感じない治療の実現はまだまだ難しいことですが、当院では患者様が抱く、目には見えない負担「痛み」を極力抑えた治療のために、さまざまな方法をご提案します。

レーザー治療

レーザーによる歯科治療は、「高度先進治療」ともいわれ、虫歯治療や知覚過敏治療、歯周病治療、口腔外科治療に効果を発揮します。

痛みが少ないことが最大のメリットですが、それに加えて傷口の治りが早い、虫歯や歯周病などの患部を削る量を最小限に抑えられるといったメリットもあります。また、歯科治療ばかりでなく、歯肉の黒ずみや腫れを抑える、口内炎の痛みを抑えるといった口腔外科のシーンでも大活躍します。

よしだ・ファミリー・歯科のレーザー治療器

・エルビウムYAGレーザー

硬組織の治療に適したレーザー治療器です。レーザー光の照射により、水分の多い虫歯部分のみを削る、歯肉の消毒をするといったことができ、虫歯菌・歯周病菌の減少が期待できます。細い直径のレーザー光は、従来の器具では届かなかった部分の患部でも治療をより細かく行うことが可能。予防歯科においては、レーザーで歯石を軟らかくしてから取り除くことができるため、歯石除去に無理な力をかけることがありません。

・炭酸ガスレーザー(歯科用CO2レーザー)

ヘモグロビンによく吸収される性質が軟組織に有効な、身体にやさしいレーザーです。99%が水分に吸収されるため、口腔内での使用に適しています。メラニン沈着の除去、生体組織の切開、抜歯後の止血、凝固、蒸散といった使い方もできます。虫歯予防のフッ素塗布においても事前にレーザーを使用することで、フッ素がよりスムーズに浸透します。

レーザー治療例

・歯周病治療

ドリルを使わずにむし歯治療が出来ます。レーザーを使うと痛みも少なく、嫌な音 がしません。また、麻酔をしなくてすむ場合もあります。

・虫歯治療

ドリルを使わずにむし歯治療が出来ます。レーザーを使うと痛みも少なく、嫌な音 がしません。また、麻酔をしなくてすむ場合もあります。

・歯肉の黒ずみを消す

喫煙や口呼吸などが原因の歯肉の黒ずみをレーザーで簡単に消すことが出来ます。

・口内炎・口角炎

口内炎・口角炎は一週間くらい不快感が続きますが、レーザーを使うと嫌な痛みが直ぐにひきます。

笑気麻酔

歯科治療の際の麻酔の痛みが苦手、という方は少なくありません。そんな方にご提案するのが「笑気麻酔」です。笑気麻酔は、笑気ガスを鼻から吸引する麻酔です。針を刺すなどはありませんので、痛みはまったくありません。しばらくして頭がぼーっとし、通常よりも痛みの感じ方が鈍くなり、痛みや恐怖心を感じずに治療に臨めます。

笑気麻酔の吸引を止めると、麻酔効果はなくなりますので、ご安心ください。健康保険も適用されますので、ご利用していただきやすい麻酔だと考えています。

患者様の目線に立った治療

幼いお子様の漠然とした恐怖心や先入観だけではなく、大人の方の場合、実際の「痛かった経験」「つらかった経験」が恐怖心の根拠となっていることがあります。当院では、医院側がこのようなイメージを払拭するための具体的な対処法となる「痛みのない治療」を提示することが大切だと考えております。そのため、患者様の目線で物事を考える姿勢を大切に、安全・安心、そして「痛くない治療」を目指し、常にさまざまな技術の研究に励んでいます。

ページの先頭へ戻る