c 歯が痛い・しみる|元住吉・よしだファミリー歯科治療ガイド

歯が痛い・しみる

虫歯は痛くなるまで放置しないで!

虫歯は自然治癒しないお口の病気です。放っておくとどんどん悪化し、痛みが出るころにはかなり進行していることがほとんどです。

虫歯が進行したときに起こる痛みは、無視できるものでありません。集中力が途切れることで勉強や仕事に支障が出るばかりか、夜眠れなくなることすらあります。当然ながら、おいしく食事もできません。さらに進行すると神経が壊死して痛みを感じなくなりますが、そうなると神経を抜いたり抜歯したりするしか治療手段がなくなります。虫歯の進行段階と症状を知り、早めの歯科受診を心がけましょう。

虫歯の進行段階

C0 初期の虫歯
C0	初期の虫歯 歯の状態 歯の表面が溶け始める「脱灰(だっかい)」が起こり、溶けた部分が白っぽくなっています。
自覚症状 痛みはまったく感じません。
治療法 この段階であれば適切な歯みがき、フッ素塗布などで虫歯の進行が防げます。
C1 歯の表面の虫歯
C1	歯の表面の虫歯 歯の状態 エナメル質が溶け、歯の表面が黒っぽく見えます。
自覚症状 まだ痛みはありません。
治療法 虫歯部分を削り、詰め物(インレー)を詰めます。麻酔を使わない治療が可能です。
C2 神経に近い虫歯
C2	神経に近い虫歯 歯の状態 エナメル質の下部、象牙質まで溶かされています。
自覚症状 冷たい物がしみるなど、痛みが感じられます。
治療法 虫歯部分を削り、詰め物を詰めます。症状によって、局所麻酔が必要になってきます。
C3 神経まで進んだ虫歯
C3	神経まで進んだ虫歯 歯の状態 神経に到達するほど歯が溶けています。
自覚症状 熱い物が歯にしみたり、何もしていないのに痛みを感じたりすることがあります。
治療法 局所麻酔を施し、虫歯菌に冒された部分と神経を取り除く根管治療が必要です。治療後には歯全体を被せ物(クラウン)で覆います。
C4 末期の虫歯
C4	末期の虫歯 歯の状態 歯の根の部分まで冒されています。
自覚症状 痛みを感じなくなりますが、放置すると歯の根に膿がたまり、再度、強く痛みが出るようになります。
治療法 抜歯が必要な場合がほとんどです。抜歯後は、インプラント入れ歯といった治療を行う必要があります。

よしだ・ファミリー・歯科ドクターの虫歯治療に対する考え方

歯を削ることは、歯の寿命を短くすることになります。にもかかわらず、進行した虫歯に対しては治療にて削るしかないのが歯科医師としてくやしいところです。

虫歯かなと思ったら、痛みがなくとも早めに歯科医院を受診してください。病気になる前に予防に取り組めば、病気になってからの負担が軽くなります。また、定期的に検診を受けていれば、万が一病気になっていても早期発見・早期治療が可能になり、身体への負担だけではなく、治療にかかる時間や費用も低く抑えられます。ぜひ予防歯科をご利用ください。

ページの先頭へ戻る

虫歯ではないのに歯がしみるのは知覚過敏かも

一時的に歯が痛い……冷たい物がしみる……風が当たっただけでしみる……

こういった症状があるのに、検査の結果虫歯ではない場合、知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が削れるなどして神経に近い象牙質が露出し、刺激が神経に伝わることによりしみたり痛んだりするとされています。

知覚過敏の治療法

知覚過敏の原因や症状の出方には個人差があり、治療法もさまざまです。以下では当院が行っている知覚過敏への対処法をご紹介します。

知覚過敏用の歯磨き剤

知覚過敏用の歯磨き剤の使用によって、症状が和らぐことがあります。歯磨き剤に含まれる「硝酸カリウム(カリウムイオン)」という薬用成分が象牙質を覆うことで、神経への刺激を抑えることができるのです。この方法は継続して使用する必要があり、使用を中止すると再び、痛い・しみるといった症状が出ることもあります。

痛み止めの服用

一時的に痛みを緩和する方法として、痛み止め・消炎鎮痛剤を処方することがあります。ただし、根本的な治療にはなりませんので、他の治療と組み合わせることがほとんどです。

マウスピース

知覚過敏の原因に、強い噛み締めや歯ぎしりがあげられます。噛み締めや歯ぎしりは寝ている間に無意識に行っていることがほとんど。就寝時にマウスピースを使用することで噛み締めや歯ぎしりを緩和し、知覚過敏の原因を排除します。

薬の塗布・コーティング

象牙質が露出している部分を薬やコーティング材で覆うことで、外部からの刺激を伝わりにくくします。これらは歯みがきによって擦り減ることがありますので、効果がなくなったときに塗り直す必要があります。

レーザー治療

露出した象牙質にレーザー光を照射することで、神経に刺激が伝わりにくくすることができます。

歯周病治療

歯周病が原因で知覚過敏を引き起こしていることがあります。歯周病によって歯ぐきが下がると象牙質が露出しやすくなるためです。しかしながら、歯周病治療で歯垢・歯石を除去するとさらに象牙質が露出してしまうことも考えられますので、上記の治療を並行して行います。

よしだ・ファミリー・歯科ドクターの知覚過敏治療の考え方

知覚過敏へのさまざまな対処法をご紹介しましたが、虫歯治療のような、これといった決定的治療法がないのが現実です。症状の様子を見ながら、対症療法を行うことになります。そのため、患者様によっては治療効果があらわれず、つらい思いを繰り返されている方もいらっしゃるようです。

だからといって知覚過敏があらわれたら放置せず、一度当院までご相談ください。

ページの先頭へ戻る